感想とかそんなん

海外3DCG映画が好き

シュガー・ラッシュ

 

1番好きなシーンというか、絶対に泣いてしまうシーンがあって、その話。

 

クライマックス、戦いに決着をつけるために、ラルフが火山に向かって落ちていくところ。

もともとラルフが自分のゲームを出たのは、嫌われ者の悪役が嫌になったから。みんなから認められ、慕われるヒーローになりたいがためにヒーローズデューティでメダルを手に入れて、結果的にシュガーラッシュに来ることになった。

 

火山のシーン、ラルフは噴火を起こすために火口に飛び込んで鍾乳石を崩壊させる決心をする。レースの練習をするシーンで噴火の威力がどれほどのものかはわかってるはずやから、自分が犠牲になるつもりでの行動やと思う。

あんなにヒーローになりたかったのに、ラルフは「あの子を助けられるなら悪役でいい」と 、なんでも壊せる大きなこぶしを前に突き出し、もう片方の手でヴァネロペからもらったペンダントを胸元に握りしめながら落下していく。

それが、ヒーローが飛ぶ姿そのものなんよね。ヒーローになることを諦めたラルフが、その瞬間ヒーロー以外の何者でもなかった。

ラルフは、ヒーローになるにはメダルが必要=みんなに認められ、その証明となるものが必要 と思ってたわけやけど、ヒーローの本質は誰かを救うことにあって、火口に向かうラルフは確かにそれを満たしてた。

自分では気付いてないけど完璧にヒーロー、っていうのを気持ちの面と見た目の両方で同時に表現して重ねてるのが、良すぎる。

 

 

シュガーラッシュ見ると、自分がゲームに詳しくないのもったいないな〜と思うなあ。

あと、フェリックスとカルホーン軍曹のカップルめっちゃいい。