感想とかそんなん

海外3DCG映画が好き ネタバレばっかり

リメンバー・ミー

ぐちゃぐちゃの感想、備忘録

 

死後の国で、なぜデラクルスだけあんなに豪邸に住んでるのか?と思ったけど、現世で覚えてる人が多いのに豊かさが比例するのか。ってことは、真実が暴かれたあともデラクルスのことは覚えてるわけやしあの豪邸自体はそのまま?
死後の国で冷遇はされるやろうしお供え物も減るだろうけど、覚えてる人が減るわけではないので暮らしはそのままなのかな。それとも現世の人々の記憶が自動的に死後の国に反映されるわけではないのか?と思うけど、祭壇に写真がない骸骨たちはスラムみたいな所に住んでたし…

 

デラクルスが毎年パーティーとサンライズ・コンサートを開催するってことは、祭壇に写真があるのに現世に全く帰ってないってことで、本当に自分の名声と音楽以外興味がなくて、会いたいと思う人もいなかったんだろうな…

 


リメンバー・ミー」という言葉について、ヘクターは娘のココに対しての気持ちだったわけだけど、デラクルスはできるだけ多くの不特定の人々に向けての気持ちで歌っていたのかも。それが「有名になりたい」という思いとなっている。

それが現れていると思うのが、写真とかの記憶媒体。ヘクターは自分が写っている写真を一枚しか持っていなくて、それを後生大事にしてた。対してデラクルスは写真が色々なところに飾られているだけじゃなく、レコードや出演した映画や銅像なんかもあったりする。
デラクルスにとっては、できるだけたくさんの人の目に留まり、覚えてもらうことこそが重要だったのかも。だから家族とかの特定の誰かに思い入れるよりも、分かりやすくパーティーやコンサートに集まる、またお供え物をしてくれる不特定多数の人々が大事だった。


そんな彼が真実を暴かれるのが、会場のカメラによる中継でっていうのが因果応報という感じ。

映像に撮られてしまって失脚というとモンスターズ・インクのウォーターヌースを彷彿とさせるけど、あちらは失言を録画して動かぬ証拠にするっていうカメラの「保存」の役割が重要で、デラクルスの場合は、大勢の観客に現在の状況がそのまま筒抜けになってしまうっていう「中継」がカメラの役割。

 

祭壇に飾られる写真がすごく重要な世界だからこそ、カメラの果たすところは大きいのかも。